年齢に負けず若さを保つためのMETHOD

以前と比べて‥40は第2の曲がり角

変わる肌質と見栄え

35歳ころまでは、安い化粧品で適当なお手入れをしていても「肌綺麗ね〜」と言われた。

 

週に2,3度のパートの日だけはちょっとファンデーションを塗って口紅を塗れば周りから「化けるね〜」と褒められて(いるのか?)いた私ですが、40になった今思う事。

 

それはとにかく「化粧映えしなくなった!!

 

20代はともかく、30代までは、リキッドファンデに軽くお粉をはたいてアイライナーとマスカラを塗れば、顔はきりっと引き締まった。

 

だけどいつからなのか、鏡を覗けば「肌は綺麗だけど顔色が悪いおばさん」となった自分がいる。

 

 

じゃあ化粧を濃くすればいいのか?と「チーク塗って、アイシャドーもして、アイラインもマスカラもまつエクも」と頑張ってみたら、ただの「痛い」おばちゃんになってしまった。

 

 

これも、心ある友人からの指摘で気づいたんであって、いわれなければその「痛い」メイクで今も過ごしていたと思われる。

 

そして、世間にはこの「痛い」おばちゃんが結構いるんである。

 

 

若作りで美魔女風の痛いおばさんはいやだけど、肌は綺麗だけどすっぴんでひっつめ髪で、インド雑貨屋で買ったみたいな服を着て、冷え取り靴下はいてるような不思議風(言い過ぎ)にもなりたくない。

 

 

40になると、以前の服が似あわなくなり、クローゼットに服はたくさんあるのに着られる服が無い!

 

という現象が起こるけれど、化粧もこれと似ているなぁと思った。

 

 

はっきりいって、40過ぎのおばさんがどんな化粧をしてようが、世間の人はまったく気にしていないだろうけど、かといって何もしなくなったらそれこそ本当のおばちゃんになってしまうから、無駄なあがきをするしかない!!

 

40過ぎても綺麗でオシャレな人はいる。

 

そういう人たちは自分にどういうものが似あうかがよくわかっている。

 

もともとオシャレの感性がある人もいるだろうけど、試行錯誤してそのスタイルにたどり着いた人もいるだろう。

 

まずは自分にはどういうスタイルが似あうのかを考え直してみようかなぁ

 

素肌の若さをたもつのに欠かせないのが保湿ケア。

 

保湿と合わせて年齢肌対策していけば10年後の肌も大きく変わります!

 

乾燥肌の人はもちろん、脂質肌の人も10年後を見据えて積極的に取り組んでくださいね!

 

ネット通販で一番人気の保湿クリーム

スキンケアアイテムは自分にピッタリのものを選ぶことが重要!?

石鹸には数多くの系統のものが存在しているわけですが、個々人に合うものを見つけることが大事になってきます。

 

乾燥肌で落ち込んでいる方は、最優先で保湿成分が多く配合されているものを使うようにしましょう。

 

 

月経直前になると、ホルモンのバランスが乱れることからニキビが何個もできるという女性もめずらしくありません。

 

毎月の月経が始まる直前には、十分な睡眠を確保する必要があります。

 

 

「肌の白さは十難隠す」とずっと前から伝えられてきたように、雪肌という特徴を持っているだけで、女性と申しますのは魅力あるように見えるものです。

 

美白ケアを施して、一段階明るい肌を作り上げましょう。

 

 

目元にできやすいちりめん状のしわは、一日でも早く対処することが肝要です。

 

見ない振りをしているとしわは着々と深くなり、どれだけケアをしても消せなくなってしまいますから要注意です。

 

 

合わないスキンケアアイテムを使い続けていると

 

自分自身の肌質になじまない美容液や化粧水などを使っていると、理想的な肌になれないだけじゃなく、肌荒れを起こすきっかけにもなります。

 

スキンケア製品は自分の肌になじむものをセレクトしましょう。

 

 

10〜20代の肌には美肌成分の一種であるエラスチンやコラーゲンがいっぱい含まれているため、肌に弾力があり、くぼみができてもすぐに普通の状態に戻るので、しわがついてしまう心配はありません。

 

 

「きっちりスキンケアをしているにもかかわらずなぜか肌荒れを起こしてしまう」というのであれば、長期間に亘る食生活に問題のもとがあるのかもしれません。

 

美肌を作る食生活を心掛けていただきたいです。

 

 

肌が整っている状態かどうか判断する時には、毛穴が重要視されます。

 

毛穴に皮脂がつまり黒ずみができると一挙に不衛生な印象となり、魅力が下がってしまいます。

 

 

美白ケア用の基礎化粧品は毎日使用することで効果が期待できますが、日々使うアイテムですから、効き目のある成分が調合されているかどうかを確かめることが大事なポイントとなります。

 

 

油が多く使用されたお料理とか砂糖をたくさん使用したお菓子ばっかり食していると、腸内環境は最悪の状態になります。

 

肌荒れを嘆いている敏感肌の方ほど、身体に入れるものを吟味することが大切になってきます。

 

 

紫外線を浴びるとメラニン色素が作られて、それがある程度蓄積されるとシミが出てきます。

 

美白用のスキンケア商品を活用して、迅速に日焼けした肌のケアをすべきだと思います。

 

スキンケアはダメージを意識して取り組む

 

たくさんの泡を使って、肌を優しく撫でるようなイメージで洗うというのが適正な洗顔方法です。

 

メイク汚れが容易に落とせないからと言って、乱雑にこするのはご法度です。

 

 

肌のベースを作るスキンケアは、数日適度で結果を得ることができるものではありません。

 

連日じっくりケアをしてあげて、なんとかお目当てのきれいな肌をゲットすることができるのです。

 

 

若年層なら小麦色をした肌も魅力があるものですが、ある程度年齢を重ねると日焼けは多数のシミやしわといった美肌の最強の天敵に成り代わりますので、美白専門のスキンケアが必需品になるのです。

 

 

美白を目指したいと考えているなら、普段使っているコスメをチェンジするばかりでなく、時を同じくして体内からも食事を通して訴求するようにしましょう。