年齢に負けず若さを保つためのMETHOD

以前と比べて‥40は第2の曲がり角

変わる肌質と見栄え

35歳ころまでは、安い化粧品で適当なお手入れをしていても「肌綺麗ね〜」と言われた。

 

週に2,3度のパートの日だけはちょっとファンデーションを塗って口紅を塗れば周りから「化けるね〜」と褒められて(いるのか?)いた私ですが、40になった今思う事。

 

それはとにかく「化粧映えしなくなった!!

 

20代はともかく、30代までは、リキッドファンデに軽くお粉をはたいてアイライナーとマスカラを塗れば、顔はきりっと引き締まった。

 

だけどいつからなのか、鏡を覗けば「肌は綺麗だけど顔色が悪いおばさん」となった自分がいる。

 

 

じゃあ化粧を濃くすればいいのか?と「チーク塗って、アイシャドーもして、アイラインもマスカラもまつエクも」と頑張ってみたら、ただの「痛い」おばちゃんになってしまった。

 

 

これも、心ある友人からの指摘で気づいたんであって、いわれなければその「痛い」メイクで今も過ごしていたと思われる。

 

そして、世間にはこの「痛い」おばちゃんが結構いるんである。

 

 

若作りで美魔女風の痛いおばさんはいやだけど、肌は綺麗だけどすっぴんでひっつめ髪で、インド雑貨屋で買ったみたいな服を着て、冷え取り靴下はいてるような不思議風(言い過ぎ)にもなりたくない。

 

 

40になると、以前の服が似あわなくなり、クローゼットに服はたくさんあるのに着られる服が無い!

 

という現象が起こるけれど、化粧もこれと似ているなぁと思った。

 

 

はっきりいって、40過ぎのおばさんがどんな化粧をしてようが、世間の人はまったく気にしていないだろうけど、かといって何もしなくなったらそれこそ本当のおばちゃんになってしまうから、無駄なあがきをするしかない!!

 

40過ぎても綺麗でオシャレな人はいる。

 

そういう人たちは自分にどういうものが似あうかがよくわかっている。

 

もともとオシャレの感性がある人もいるだろうけど、試行錯誤してそのスタイルにたどり着いた人もいるだろう。

 

まずは自分にはどういうスタイルが似あうのかを考え直してみようかなぁ

 

素肌の若さをたもつのに欠かせないのが保湿ケア。

 

保湿と合わせて年齢肌対策していけば10年後の肌も大きく変わります!

 

乾燥肌の人はもちろん、脂質肌の人も10年後を見据えて積極的に取り組んでくださいね!

 

ネット通販で一番人気の保湿クリーム